平成30年度活動報告

ホーム » 平成30年度活動報告

彩の川研究会創立20周年記念祝賀会を開催しました。

日 時:平成30年12月12日(水)12:00~
場 所:プリムローズ有朋 さいたま市内
来 賓:
・公益社団法人 日本河川協会 副会長 松田 芳夫 様

・公益財団法人 河川財団 参事 藤山 秀章 様
当会のあらまし:
・彩の川研究会は、埼玉県内に在住する公益社団法人 日本河川協会の個人会員有志で構成され、川に関わる知識と経験が豊富な会員の能力を活用して、毎年テーマを決め、河川と人・自然・歴史との関わりなどについての調査研究や各種河川施設の学習を行っています。
私たちは、これまでの調査研究報告書を県内の関係機関≪公立図書館関係98館・国や県の関係行政機関17機関≫に寄贈するなど、会員相互の親睦を図りながら河川の歴史・文化の発信を行っています。
発足経緯と歴代会長:
・平成11年5月18日 彩の川研究会設立
・平成11年~15年会長 中村泰明
・平成16年~19年会長 小林寿郎

・平成20年~24年会長 尾崎邦夫
・平成25年~26年会長 横倉輝夫

・平成27年~28年会長 篠塚正行
・平成29年~   会長 新井 勲
出席者:現会員49名

来賓挨拶 日本河川協会 副会長 松田 芳夫 様
来賓挨拶 河川財団参事 藤山 秀章 様
初代会長挨拶 中村泰明 顧問

彩の川研究会創立20周年記念祝賀会(続き)

乾杯挨拶 近藤 徹 顧問
彩の川研究会のあらまし
彩の川研究会のあらまし

第199回『河川文化を語る会』を共催しました

日 時:平成30年11月28日(水)
14:00~16:00

場 所:埼玉県県民健康センター 大会議室B
講 演:知的好奇心のススメ
~地図上のコンテンツからコンテキストを読む~
=埼玉の魅力・海と中小河川が刻んだ台地を歩く=
講 師:吉村 忠氏
(埼玉スリバチ学会代表・埼玉の地形の歴史のプレゼンター)
主催者:公益社団法人 日本河川協会

平成30年度現地研修会を実施しました。

研修日時:平成30年11月26日(月)
研修場所:千葉県大多喜町粟又地先 養老渓谷
研修目的:今年度の調査研究テーマ『彩の川さんぽ』の
他県における実施例を視察する。
千葉県職員からの事業概要説明
全員集合!
養老川沿いの遊歩道
紅葉祭りの真っ盛り

行幸湖浮きウキフェスタ30を開催しました。

日 時:平成30年10月28日(日)
場 所:県営権現堂第1公園(多目的運動広場)

彩の川研究会のこれまでの活動に対し埼玉県から平成30年度水資源功労者として表彰されました。

平成30年度水資源功労者表彰式の概要
日 時:平成30年7月26日(木)13:10~

場 所:埼玉県庁庁議室にて
奥野副知事から表彰を受ける

日本河川協会主催 『第20回日本水大賞』に運営委員として10名が参加しました。

日 時:平成30年6月26日(火)
場 所:日本科学未来館にて
内 容:日本河川協会主催『第20回日本水大賞 表彰式・受賞活動発表会』に本会から運営委員として10名が参加しました。なお、前日のリハーサルにも参加しています。

30年度彩の川研究会通常総会を開催しました。

日 時:30年6月13日(水)13:30~
場 所:埼玉会館7B会議室
議 題:
〇29年度事業報告について
〇29年度歳入歳出決算報告について
〇30年度事業計画(案)について
〇30年度歳入歳出予算(案)について
〇規約の改正について
〇役員の選任について
報 告:
〇「主要な治水施設」調査報告書の印刷完了について
〇29年度現地調査会について
〇30年度新規加入会員について
講 演:
〇演題:「浦和の鰻と水」
〇講師:山崎屋 代表取締役 椎名 正幸 氏
会場風景
会長挨拶
ご来賓の方々
講師:山崎屋 代表取締役 椎名正幸氏

第1回役員会を開催しました。

日 時:平成30年5月10日(木)15時から
場 所:埼玉建設会館にて
議 題:
〇「主要な治水施設」調査報告書の印刷完了について
・関係機関等への配布について
〇30年度通常総会について
・日程及び場所の確認について
・議案及び報告事項の確認について
・その他
〇通常総会の事前準備について
・役割分担等の確認について
〇その他報告事項について
・30年度河川整備基金助成事業の可否について
・30年度河川砂防事業研修への講師依頼について
ページトップに戻る