彩の川研究会とは? | 彩の川研究会

彩の川研究会とは?

ホーム » 彩の川研究会とは?

実績及び活動状況について

彩の川研究会では、川に関わる知識と経験が豊富な会員の能力を活用し、発足当初から河川環境管理財団や日本河川協会等の助成を受けて、毎年テーマを決め、河川と人・自然・歴史と関わりなどについての調査研究や各種河川施設の学習、現地研修会等を行っています。

私たちは、これらの調査報告書を、県内の関係機関≪公立図書館関係98館・国や県の関係行政機関17機関≫に寄贈するなど、会員相互の親睦を図りながら河川の歴史・文化の発信を行っています。

  ※調査研究概要については、「これまでの調査研究」ページでご覧いただけます。

 なお、当研究会の調査研究事業に対し、公益財団法人河川財団主催「川づくり団体全国事例発表会」において、平成26年度調査研究「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」、28年度調査研究「我が町の災害アーカイブス」が表彰されました。

[助成事業の実績]

H11年度:県内に残る「煉瓦造り樋管」の調査研究

H12・13年度:県内に残る「旧堤防」の調査研究

H14年度:不老川及び河川学習についての調査研究

H15年度:県内に残る「川に係る碑文」の調査研究
H16・17年度:県内の「碑文に見る川の歴史」の調査研究
H18・19年度:県内の「川と祭り」の調査研究

H20年度:水防拠点としての「鎮守の森」の調査研究

H21年度:水防拠点としての「鎮守の森・水塚」の調査研究

※ H11年度~H21年度は河川環境管理財団の助成事業

H22・23年度:「川にまつわる郷土史」の調査研究

※ H22・23年度は日本河川協会の助成事業

H24年度:「県内の親しみやすい水辺」の調査研究

H25年度:「県内の調節池等の役割と活用状況」の調査研究

H26年度:「埼玉の舟運と現在も残る河岸の歴史」の調査研究
H27年度:「埼玉の城跡と川」の調査研究
H28年度:「我が町の災害アーカイブス」の調査研究
H29年度:「埼玉県内の『主要な治水施設』の規模と役割」の調査研究

※ H24年度~29年度は河川財団の助成事業

平成11年度から現在までの調査結果
河川財団からの表彰状
河川財団からの表彰状

会の構成について

会則について

ページトップに戻る